So-net無料ブログ作成
検索選択

ウズラのタマゴと....。 [Ota]

我が家のドブロ、現在点検中につきネタがありません.....。(笑)

という訳でもないのですが、オタッキーが絵を描いてきたモノを嬉しそうに持ってきました。(笑)
現在もなのですが中2のときから、絵画教室ではなく美術予備校なるところに通っています。
週一回なのですがこれがオタッキーにとってはとても楽しい時間のようです。
いろいろとクラスもあるのですが曜日と時間で通えるクラスに通っている感じです。

なかなか近くというか周りに絵を描くことが大好きで、もうちょっと本格的に....
と思う子が少ないのですが、ここに行くと同士が沢山いるので絵の話など沢山できるようです。(笑)
ただやっぱりスポーツと一緒で上手い子、下手な子...という見方はされてしまうようですね....。
我が家の場合、本人が好きであればそれでいいのですが...。

デッサン画などは始めたころよりも上手くなったな、と素直に思います。
家でも時間を作ってよく書いていることも上達したことの一つだとも思います。

「ウズラのタマゴ」 先生に褒められたことが嬉しかったようですね。(笑)

002.JPG

それと、春から通う高校の「卒業制作展」をかみさんとオタッキーが見学に行ったときに
写真を撮られたようで、この写真がこの高校のHP のなかに載っていました。(笑)
本人達は嬉しかったようで「これじゃ~誰だかわからないよ。」と言ったら怒られてしまいました。(笑)

w6.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

リンゴとタマネギと...。 [Ota]

PC が壊れて修理に出ていた間に嬉しいこともありました。
我が家の長女、通称オタッキーが本人の希望高校に合格しました。(笑)

009.JPG

この子が生まれたときには、「テニスをさせたいな~」などと甘い期待をして、
左利きなところも直さずに育てました。
しかし、走ることと泳ぐことは大好きで上手かったのですが、球技は......。
そんな感じで習い事は英会話と絵画教室に小さいときから通っていました。
通うきっかけは作ってあげましたが、続けたのはあくまで本人の意思でです。
思いのほかはまってしまったらしく、どちらも今でも大好きですね。(笑)
ただ学習塾というものには結局通ってはいません、これは小僧もそうなのですが...。
我が家の方針は「少しぐらい勉強ができるより、周りの子にやさしくできる子に」が基本です。
あとは「自分がやりたいことがあるのなら精一杯努力しなさい、そうであれば応援してあげるから」と。
小学生のときは通知表の成績欄はほとんど見ずに行動評価のところだけ気にしていましたね。(笑)
子供からは「回りにこんな変わった親はいない」と言われたりもしましたが...。(笑)

でも上の子も中学に入って一度、学習塾に行ってみたいと言い、1ヶ月だけ通いました。
ただ入って直ぐに「自分には合わない」と言い出しかみさんとケンカしてましたね。(笑)
で、結局一ヶ月だけ通った感じです。塾に行く行かないは我が家では本人の自由です。
だから塾に行かないから成績が悪いとは我が家では考えません。
上に書いたとおり
「自分がやりたいことがあるのなら精一杯努力しなさい、そうであれば応援してあげるから」
というの我が家の方針です。(笑)
後もう一つ、子供達に小さいときからよく言っていたことがあります。
「自分は自分、全部が周りの子と一緒でなくてもいいんだから」とも。
けして自分勝手がいいということではないんです。
よく子供達が何かほしかったり、したいことがあるとすると
「だれだれちゃんが持ってるから」とか「みんなそうだから」と言うと
我が家では絶対に買ってあげたり、してあげたりしませんでした。(笑) 
他の子がどうとかではなく、
自分がこれが欲しいと言うモノは買ってあげれるモノは買ってあげました。(笑)
なので今は欲しいモノがあったりしたいことがるとどうしてそうなのか一生懸命アピールします。(笑)

そんな感じで子育てしてきたのですが、
上の子、オタッキーは学校での成績はよかったですね。
なので学校からや同級生の親からは「進学高に行けばいいのに」とよく言われましたが、
本人は絵か英語かで悩んでいましたね。
で、結局絵を選び美術科のある高校を受験することに。
でも県内には公立の美術科のある高校は1つだけ、我が家からは片道2時間コースです。
ま本人が行きたいのなら頑張りなさいとここを受験するはずだったのですが、
秋に幕張であった私学フェアというイベントで県内に美術科のある2つの私学の先生と話をする機会がありその内の一つの学校から「是非」とお誘いを受けました。
でも我が家には私学に行かせてあげられるほど余裕もないことをこの学校の先生に話をすると、
オタッキーの成績を聞かれ話しをすると「特待生でこれます」とのこと...。

この誘ってくれた私学の高校は我が家から片道1時間ほど。
1年おきに海外に短期で語学留学もしているとのこと。
オタッキーからは
「特待生でここに行けば授業料もかからないから、その分で語学留学したい」と.....。
好きな美術と英語もできるこの学校にいきたいという気持ちに反対することはないので、
「頑張ってみれば」と応援することにしました。

本人が中学校生活で頑張ったことが評価され、校長推薦ももらえ受験することに。
成績以上に学校での委員会活動や英語のスピーチコンテストや美術の作品展など
いろいろ頑張ったことも評価されたようですね。
受験後、1週間「ドキドキ」と言う時間をすごし、「おめでとう」と言う言葉に代わりました。(笑)

長くなってしまいましたが我が家の長女・オタッキーの話です。
小僧が中学になった今も我が家は小僧中心の生活になっています。
そんなことを良く理解してくれて、いろいろなことを我慢もしてくれているこの子には本当に感謝です。

そんなオタッキーに一言、三言、
「おめでとう」と「これからも努力することは忘れないこと」と「ありがとう」かな。(笑)
それと卒業式には行こうと思っているけど、泣いちゃったらごめんなさい...て感じかな。(笑)

010.JPG

2枚の絵はオタッキーが書いたデッサン画です。(笑)
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

12/02 doblo は遠くに嫁いで行きました...。代わりに87生まれの「赤い子」panda がやってきました。 これからも楽しくなりそうです。(笑)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。